当前位置:金沙2126网址路线 > 金沙2126网址 > 不久前随手写的试考察

不久前随手写的试考察

文章作者:金沙2126网址 上传时间:2019-09-19

然而是韩文……汗

御史の日になると、私は教育者全員が祝日の楽しみを祈ります。

电视机版攻殻機動隊S.A.Cの試考查
                          
by yakumo

人は生きているのですか?人生の意味は何ですか。人の一生はどんなことをするべきですか?

周知の通りで『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX 2nd GIG』の中で使われた小说「個別の11人」のモチーフはもともと三島由紀夫をベースに作ろうとした。『近代能楽集』は基本は九篇で構成されているから、あともう一篇アメリカに招かれて書いた「ロングアフターラブ」を足した十編とするというような話があるらしい、そこに更なる幻の十一篇目が「個別の玖位」という設定のわけだ。事前神山健治監督が各方面に訊いたみて、やはり許可を得るのは异常的小概だそうで、最終的には会社に街宣車が来る大概性までも勘案した結果、そこまでのリスクは負えないということで、プロットの段階で断念した。かわりに、パトリック=シルベストルという架空の小说家の革命評論集にしたので、少しでもリアリティが失われてしまったと考えられる。
それに対し、『攻殻機動隊STAND ALONE COMPLEX』(以下『SAC』)の「笑い男事件」は現実に起こられた事件の元に創作されたので、リアリティの醍醐味を感じられつつである。「笑い男事件」はいわゆる劇場型犯罪の东瀛での代表例「グリコ・森永事件」をモテルとして作られた事件だ。「グリコ・森永事件」は、一九八四年関西地区を舞台として食物会社を標的とした一連の企業脅迫事件である。「劇場型犯罪」の語はこの事件を評して、評論家の赤塚行雄が命名した。劇場型犯罪は、あたかも演劇の一部であるかのような犯罪で、世間、企業などを舞台とし、実行犯が主役、警察が脇役、マスメディアの人間や平常人が観客、という構造になっているものが多い。犯罪が行われているにも関わらず、人々がそれを見世物として楽しむという行動が見受けられるのが特徴である。劇場型犯罪の元祖は、ロンドンの切り裂きジャック事件であるといわれる。けれども东瀛での「グリコ・森永事件」はなかなか面白すぎる事件と考えられる。結果として毒入り食品による死者は発生せず、また誘拐放火等により命を落とした人もいなかった。そのため、凶悪な事件であるにもかかわらず、市民の中には「かいじん21容颜は憎めない奴」と共感する人も少なからずいた。犯人がキャリア警官を嘲弄したり、アフリカ飢餓への募金を呼びかけるなどしたことも、「義賊」の影象を与えた。
『SAC』の「SAC現象」は作中における電脳技術という新たな情報ネットワークにより、独立した個人が、結果的に集団的な振る舞いを見せる社会現象。孤立した個人(STAND ALONE)でありながらも全部として集団的な行動(COMPLEX)をとることからこう呼ばれる。事件において実質的な真犯人が存在しない状態が、全部の総意において架空の犯人像を生み出し、一部の人々がその架空の犯人像の模倣者がその総意を強化、達成するような行動を見せるという独特の社会現象だ。「笑い男事件」と「グリコ・森永事件」は最早の誘拐事件から模倣者までいろいろ似ているけど、根本的な区別は「SAC現象」にある。つまり、孤立した個人でありながらも整体として集団的な行動ということである。「グリコ・森永事件」は個人的行動の段階で済んだわけだ。この特徴は「笑い男事件」の魔力さとして作品の問題意識の先進性を表されている。
社会理念学の中で、集结という定義は、集団と同じように複数の会集を指すが、共通の注意や関心をひく対象に対して、同じような仕方で行動する、不常に集まった人間の集结だという。おそらく「SAC現象」の一部分も会集行動だともいえるだろう。これからちょっと「SAC現象」の集合心绪を推测考察してみる。集合心情について、次のような六つの性質が斥责されている。
1)被暗暗提示性:集合は极其に暗暗提示にかかりやすい性質をもっている。
2)無名性:群集の中においては、たがいにどこの誰であるかというようなことは、不明であり問題にならない。
3)等質性:集合においては、その場にいる人間同士の職業、性別、脾气、知能などについての個人的相違は問題とならない。
4)無責任意:おたがいに名前を知らないもの同士であるという気やすさから、しばしば無責任、無反省、無批判な行動になりがちがある。
5)衝動性:群集は、しばしば理性のブレーキがきかないで、感情のおもむくまま、衝動的に行動するようになる。
6)力の感覚の実感:群集の一員でいることによって、その場のエネルぎーやパワーを実感する。
 特に最後の性質は集结行動を明白する手がかりとして考えでもよかろう。劇場型犯罪のような事件で人々はそれを見世物として楽しむという行動が見受けられるということは、人々は共通のなにかでわっと盛り上がる、鈴木謙介さんがいう「カーニヴァル化」というか「祭り」が欲しいわけだ。つまり、人々が無意識でどこかのどの大きな群集に加入したいで、一員としてエネルギーやパワーを実感できるように動いているではないかと考えてもいいかな。ちなみに、それは劇場ではなくても、国家か民族か血の繋がりか教派か同じ乐趣のサークルか体育のチームかチームのファンスか衣裳のスタイル同士か、いずれどの集结に属して、その中で認められるという感じから安全感や存在感などを確認しつつ、そこでエネルギーを実感するだろう。
 これからも、『SAC』に基づいて考察し、分析し続けていこうと考えられている。

私の考えでは、私たちの多くの人は、毎日多くのことを考えている以上、最も普通に答えにくい問題であると思います。そうではない人もいるかもしれません。彼らは、必要としても時間を必要としないで、この退屈な問題を考える必要はないと思います。

参谋文献:
wikipedia  
村井健祐/土屋明夫/田之内厚三 『社会心情学へのアプローチ』 北樹出版、三千年

金沙2126网址路线,彼らは政治界の風雲、あるいは商業界のトップエリートであり、学術界の世代の宗師かもしれない……。もちろん、彼らは各業種の一般的な人物である只怕性があります。彼らの人生には、多くの共通点:第一、生活のために頑張って、あるいは小さな夢に執着して奮闘する、そして、ある程度の労働成果や、极其な精神体験を得ることができるに違いない。第二に、彼らの多くは自分の奮闘に後悔しないで、たとえ一定の情況の下でも自分の努力を疑うことができる。そして、彼らは潜在意識の中で自分の価値を断定することができる。他の人の目には、決して妄图して暮らしていた愚かな世代ではなく、その规范的な精神を持つ有志青少年のようだ。第三、彼らはいくつかの取るに足らない欠点があって、たまに1人の盲目标性を表現することができて、政治の角度から見ると经常は更に左寄りの激進主義に偏ります。

私たちは、この種類の人間の人生の精神に対する評価を評価しなければならない。人生の基本的な要素がはっきりしているので、「内自个儿」と「外物」のそれぞれをはっきりと理解し、人生の車輪を着実に進めることができるからです。そして魯迅先生は、「私はただ人をコーヒーを飲む時間を仕事に使う」と言っていた。この経典の言葉は世界でどれだけの人民の称賛を得ましたか?だから私たちはどんな理由で彼らを軽蔑する理由がありますか?

しかし、世界には数十億の人口があり、中国には十数億の人民がいるが、これらのタイプの人々の考えはすべての人民の考えを表すことができるのだろうか。きっとできない。

そのためには、「人」として真実性が存在する基本的な艺术学理念としての問題を簡単に検討する供给がある。

私は、ここで最も検討すべきのは、開編の三つの基本的かつ経典的な問題だと思います。

人はどうして生きているの?

この言葉についての議論はほとんど人間の発生に伴って存在している。異なる時代には異なる時代の解釈があり、異なった民族は異なった民族の解釈を持っています。この言葉についての議論は、庶民から学術機関まで、人生の雑談から农学の専著まで……。細かく言えば、ほとんどの人が違う答えがあるかもしれません。例えば、敬業の優秀な教師は「教育は偉大な事業だから、生きていることを支えている」と言うかもしれません。医術の優れた杏林達人は、「救い傷、私の天職、こんな職業性があってこそ、生きているべきです」と言うかもしれません。

これは問題ですか?人は生きているべきで、問題は意味を考えていない。

しかし、中华夏族民共和国の闻明な法家观念は、「一死生、結束の死」と主張し、生と死、長寿と短命を同じように、区別しないという意味である。そうすれば、これは一つの問題としてもよい。

これは、法家を認めていない消極的な理念が、当然知道できます。

この問題の最終的な答えは答えがないので、自分が正しいと思う答えを選ぶことができます。

この法学の角度から見れば、わが国の教育体制は長所と短所を両立させる体制である。どうしてそう言うの?長所と短所は何ですか。作者が国の教育体制の特色の優れた欠点を重視する

中原の教育体制の利点は非常に明らかであると思います。主な表現は次のようなものです。

自家が国の試験制度を通じて、多くの学生を次からいくつかの等級に分けることができる。

競争式の教育モデルは、学生の苦しみや辛さ、絶えず進取などの優れた品質を育て、わが国の精神文明建設のために大きな貢献をしています。

学员は小高校から(3年生が比較的明らかに)多くの学科の知識に触れて、学生の知識の視野を大きく広げて、学生の今後の人生の道の選択のために多くの或许性を残しました。

いくつかの点:ある段階で学ぶ内容は、より高い段階の学習内容、あるいは職業の须要な内容の完全に一致しない、あるいは相対的ではありません。私の個人的な例を挙げて、小学校一二年生は主に国語の数学の2科を学んで、3~6年生は主に5科を学んで、中学の主に7科を学んで、高校は主に六科を学んで、これはまだあまりにも道理がないわけではありません。

私が見てみると、一部の学生の心理には限界がある。どのような学生は制限がありますか?どこに限られているの?

どんな事でも特別にまじめな学生(学科に対してはなおさらだ)。彼らが限られたのは、「兼ねる」と思って、「成績」と「人生の意味」を兼ね備えているからである。この「兼ねる」とはどういう意味ですか。

この「兼ねる」という「兼ねる」という「兼ね合い」は、直接言語で解釈するのは難しく、このような教育体制の改正措施について説明したいと思います。

大学の専門の中で大批量に増加して大学と在此在此之前の多くの学科の専門をカバーして、たとえば1つの“総合クラス”を創立して、国語の数学の英語の物理の化学生物はすべて学んで、彼らに十分に自分の人生の価値を発揮させます。

小学校で大学まで多くの「専門人材班」を増設し、たとえば小さい頃から数学を学び、数学を学び、高校で数学を選ぶまで、仕事を探しても数学に関する仕事を探し、自分の人生の価値を十一分に発揮させる。

つまり、彼らの目の中には、できるだけ特定のある種あるいはある集结物と付き合うようにしましょう。できるだけ1つまたは1つの集结事物の上で心血を注いで、惨烈な経営をします。(平生の信念を堅持する)

このように見ると、わが国の教育体制の長所は明らかであるが、一定の狭隘性があり、勤苦な教育関係者たちが一定水准の革新を行うことに値する。

人生の意味は何にありますか。

最初の問題を見ると、この問題も解決できるかもしれません。では、これから教育を受けて、何か考えに値するところがあるのでしょうか。

人生の意味を常に発見し、執拗に人生の過程を進めていくことである。

教育はほとんどの人の子供のころを貫いて、子供のころのとても貴重な人生の旅を教育することはできないと言うことができる。

私の国の教育体制の存在のために、学生の子供のときに、豊かな知識と人間の道理を学ぶことができます。これは人生に栄養を汲み取る意味があります。そのため、小编が国の教育体制は全体的に学生たちの人生の第一歩の育成を優秀に達成することができます。

しかし、最初の質問の答えで述べたように、「人生の意味」という面も偏狭である。

学業や事業のために人生の意味を見つけることができる重要な部分:

学業によって、学生は毕生懸命勉強して、優秀な成績を取って達成感を得て、自分の人生の意味を十二分に見つけることができます。学覇たちが多くの学業によってもたらした誇りを持っているように、これから人生の意味を実現することに有利です。

仕事によって、仕事をしている人たちは、仕事をしたり、できないことをしたりして認め、達成感を得て、自分の人生の意味を実現することができます。

このため、わが国の教育体制は、一定の改进を行う要求があると思います。この「差异性」の弊害を大概にして取り除かせて、作者が国の教育体制により活力のある活力を示しています。

人の一生はどんな事をするべきですか?

一見して問題を見ると、お笑いを感じる人もいるかもしれません。

この問題はこの小说の中に現れるはずではない。この問題は作者が国の教育体制と何か連絡がありますか。

私たちがよく考えてみると、私たちが考えているわけではありません。この問題はわが国の教育体制に連絡があるだけでなく、大きなつながりがある。

「人生と天地の間に、白のもののようなものがあった」ということは、人の终生の短いものである。もし75歳で笔者が国の教育者の平均寿命を計算するなら、20年で小编が国の教育者の平均を教育する年齢(学前+小高校+中学+大学+高校+学士)として、それでは私の国の教育者の4 / 15の人生はすべて教育の中で過ごしています。

そのため、「人の毕生はどんなことをするべきか」という問題は、わが国の教育体制と大きなつながりを持っている。

人の一生はいったいどんなことをするべきか。

意味のあることをすると、楽しいことをするという人もいるし、人生の流れに任せるべきだという人もいる。

私にとって、すべての人がするべきことは、これらの条件を満たす必要があります。

法律や関連規則の規定範囲内において、人々の公認の原則を超えてはならない。

自分の心の計画や意図に合わせて、あるいはいくつかの特定の状況で自然とすること。

しかしこれはただ「やるべきこと」に満足する最も基本的な条件である。つまり、それを満足させたのは、広義に「やるべきこと」であるが、必ずしも狭義的な「やるべきこと」ではない。

「やるべきこと」は、自分の心に衝撃を与えられることであり、意味のあることを理解することができる。

このように言うと、わが国の教育体制の現状はどうですか。

まず、教育者が教育の段階で意味のあることをする条件を十三分に持っていることは否めません。そして、自分の特徴と教育環境の違いによって意味のあることを調整するパターンがあります。

その次に、教育者は独自の思想的な個体である。そのため、彼らは教育環境を変えることができないとしても、彼らは依旧として自分の独立した观念の空間に十一分に有効に発揮され、有意義なことをすることができる。

しかし、これをぬきにして、わが国の教育体制のいくつかの欠点が露呈した。

本文由金沙2126网址路线发布于金沙2126网址,转载请注明出处:不久前随手写的试考察

关键词: